aquwish_hp200

キリンの天然水が飲める水サーバー!

アクウィッシュと言えば、清涼飲料水メーカーとして有名なキリンが手掛けたウォーターサーバーなので水の方に注目して選ばれる方が多いのではないでしょうか。

デザイン重視という視点で見てみるとこれが結構お洒落です。また探してみると意外とみつからない濃い茶色のウォーターサーバーが選べるのも魅力的です。

アクウィッシュのウォーターサーバーは「ワンウエイ方式」で使用する水ボトルはワンウェイボトルです。水は富士箱根伊豆国立公園内を採水地とする天然バナジウム水など全部で1種類から選べます。

どんな機種があるの?

アクウィッシュの採用するワンウエイ方式は、デザイン性としては、水タンクがサーバー本体に内蔵されているか、カバーで隠されているので、サーバー本体がお洒落度のすべてをを左右します。

アクウィッシュで選べる機種数は調査時点で2台、色数は3色となっています。設置に必要な最小スペースは一番小さいサーバーを選んだ場合で「300(W)x340(D)x1225(H)」です。

最近は、宅配水会社もライバルが増えてきたためか最新機種をどんどん投入してきています。特に、機能的に優れたワンウェイ方式は仕様変更も頻繁に行われます。アクウィッシュでもココで紹介した以外の最新機種があるかもしれません。必ず確認しておきましょう。

アクウィッシュの電気代など機能性は?

サーバーの機能性としては、ワンウエイ方式は、ポンプによって水を吸い上げたり送り出す感じで構造が複雑なものが多く水漏れの心配も多少なりあります。

ただ、ウォーターサーバーの水漏れはどのメーカーでも起こること。大切なのは、非常時に連絡が取れるかどうか対応の速さです。お住まいの地域によっては対応が違うかもしれませんので、アクウィッシュのアフターサービス面を無料体験キャンペーンなどがあれば利用して実感しておくと安心です。

電気代に関して言えば、実際にワンウェイタイプの代表格であるコスモウォーターを半年程度使ってみましたが、月あたり1,000円程度でした。アクウィッシュも同程度だと思われます。基本的に他社のどの製品でも大差はないかと思います。ただ、最近エコ仕様モデルが増えてきました。もしあれば選択したいところですので、この点はアクウィッシュの公式サイトにて最新機種のチェックはしておきましょう。

結局、アクウィッシュってどうよ?

アクウィッシュのウォーターサーバーの評価としては、当サイトとしてはデザイン性5点、機能性5点、合計10点と評価しています。

ウォーターサーバーを選ぶ際に一番重要なことは、口コミ評判ばかり気にせずにやはり実際に使ってみることが一番です。