せっかくウォーターサーバーを使うのなら、おしゃれなほうが良いという人が多くいます。

ただ、赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを導入する場合には、おしゃれだということだけで決めるのは良くありません。

どういうことかというと、赤ちゃんに与える水は軟水が好ましいとされているからです。

仮に赤ちゃんに軟水ではなく硬水のウォーターサーバーを摂取させるようなことがあると、赤ちゃんがお腹を壊す心配があります。

赤ちゃんのために使用する水となると、ミルク作りということになるでしょう。

粉ミルクの場合は水道水を使用することが想定されていて、粉ミルクから少量のミネラル分を摂取できるように調整された状態になっています。

これを硬水で作ってしまうとミネラル分が多過ぎてしまい過剰摂取になる可能性が高いのです。

なお、実際に各社のウォーターサーバーをチェックしてみると、大抵の業者が軟水に該当する水を採用していることがわかります。

もちろんおしゃれなサーバーも多数ありますが、全部が軟水だとは思わないようにしましょう。

中には硬水に該当する水もありますので、確認は怠らないでください。

また、ウォーターサーバーは水だけでなくお湯も出ます。

赤ちゃんが誤って火傷をすることがないよう、チャイルドロック機能が搭載されているウォーターサーバーを選びたいところです。