ウォーターサーバーの利用を検討している人の中には、災害時の水としてストックしておけるということに魅力を感じた人もいるのではないでしょうか。

しかしながら、水はいつまでもストックしておけるというわけではありません。

賞味期限があるということを意識しないといけないのです。

水には主に天然水とRO水がありますが、これらの賞味期限には差があります。

通常、RO水のほうが賞味期限が長いといわれていますので、備蓄水という形で利用することを前提とした選び方をするなら、RO水のウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

備蓄水としてのウォーターサーバーの上手な選び方ですが、RO水を採用しているところに決めるのがおすすめです。

最も長いといわれているアルビナの水は1年間、クリクラやアクアクララの水は半年間、ストックしておけるといわれています。

また、どうせ使用するなら良質なものをというウォーターサーバーの選び方をする人もいるでしょう。

天然水はすぐに駄目になってしまうのかと疑問に感じている人もいるでしょうが、3ヶ月から半年間くらいはストックしておくことができるため、備蓄水としてだけ使用するわけではないという人は、天然水でも問題ないといえるでしょう。