ウォーターサーバーは家庭で取り入れられているだけでなく、オフィスでも取り入れられているのです。

これからオフィスに導入しようかと検討している人は、どのような選び方をすればいいのでしょうか。

家庭の場合の選び方とオフィスの場合の選び方は違ってきますので、しっかりと要点を押さえて選びましょう。

まず、オフィスの場合には家庭より多くの水を消費することになります。

社内の人だけでなく、設置場所によっては社外の人が利用することも想定しているというケースもあるでしょう。

そのため、家庭で使用するより容量の大きいボトルを何本も消費することになります。

この場合、一番ネックになるのがウォーターサーバーの水の料金です。

たくさんの量を使用することになるため、ボトル1本あたりの金額が100円違うだけでも年間にするとかなりの差が生じます。

そのため、1本あたりの水の価格がなるべくリーズナブルなウォーターサーバーを導入したいところです。

また、多数の人が利用することになるため、衛生面には注意したいところです。

ガロンボトルの場合は雑菌などが入り込みやすいということが懸念されていますが、ワンウェイボトルなら雑菌などが侵入しにくく、さらに資源ゴミとして処分が可能なため、オフィスのスペースを圧迫することがありません。