ウォーターサーバーに採用されている水の種類としては、RO水(ピュアウォーター)を挙げることができます。

RO膜処理と呼ばれる方法で水のろ過を行うことで不純物やミネラルを除去、加工によって純水のような状態に仕上げられた水のことをいいます。

RO水に含まれている成分に関してですが、何も含まれていない場合もありますが、RO膜処理のあとでミネラルをプラスするなど、量が調整されていることもあります。

そのため、成分重視の選び方をするなら、ウォーターサーバー業者ごとの水の成分をしっかりチェックする必要があります。

RO水の味についてですが、水質が軟水なことから変な癖がなく飲みやすいといわれています。

また、ミネラルが除去されたものの割合が高く軟水ということから、赤ちゃんに使用しても問題がないとして、乳児に使用しても大丈夫なウォーターサーバーの選び方をしている人から好評を博しています。

また、料金が気になるところですが、天然水(ナチュラルウォーター)と比較するとリーズナブルな価格で提供されていることが多いといわれています。

成分の面では天然水に劣る可能性はあるものの、不純物がなく赤ちゃんのミルクなどにも利用可能、低価格ということで、これらの要素を重視した選び方をする人にRO水のウォーターサーバーは向いているといえるでしょう。