今すぐチェック⇒ うるのん公式ページヘ

うるのんのウォーターサーバーは「ワンウエイ方式」で使用する水ボトルはワンウェイボトルです。水は「富士の天然水」「富士の天然水さらり」「やわらか水」など全部で3種類から選べます。

うるのんのデザイン性は?

うるのんの採用するワンウエイ方式は、デザイン性としては、水タンクがサーバー本体に内蔵されているか、カバーで隠されているので、サーバー本体がお洒落度のすべてをを左右します。

うるのんで選べる機種数は調査時点で3台、色数は3色となっています。設置に必要な最小スペースは一番小さいサーバーを選んだ場合で「326(W)x353(D)x1032(H)」です。

最近は、宅配水会社もライバルが増えてきたためか最新機種をどんどん投入してきています。特に、機能的に優れたワンウェイ方式は仕様変更も頻繁に行われます。うるのんでもココで紹介した以外の最新機種があるかもしれません。必ず確認しておきましょう。

うるのんの電気代など機能性は?

サーバーの機能性としては、ワンウエイ方式は、ポンプによって水を吸い上げたり送り出す感じで構造が複雑なものが多く水漏れの心配も多少なりあります。

ただ、ウォーターサーバーの水漏れはどのメーカーでも起こること。大切なのは、非常時に連絡が取れるかどうか対応の速さです。お住まいの地域によっては対応が違うかもしれませんので、うるのんのアフターサービス面を無料体験キャンペーンなどがあれば利用して実感しておくと安心です。

電気代に関して言えば、実際にワンウェイタイプの代表格であるコスモウォーターを半年程度使ってみましたが、月あたり1,000円程度でした。うるのんも同程度だと思われます。基本的に他社のどの製品でも大差はないかと思います。ただ、最近エコ仕様モデルが増えてきました。もしあれば選択したいところですので、この点はうるのんの公式サイトにて最新機種のチェックはしておきましょう。

結局のところ、うるのんってどうよ?

うるのんのウォーターサーバーの評価としては、当サイトとしてはデザイン性3点、機能性5点、合計8点と評価しています。これは良い方ではないでしょうか?

ウォーターサーバーを選ぶ際に一番重要なことは、口コミ評判ばかり気にせずにやはり実際に使ってみることが一番です。

うるのんでも、常にいろいろなキャンペーンを実施しています。今現在、無料体験などのキャンペーンがないかどうかうるのん公式サイトを確認してみましょう。

公式サイトはコチラ⇒ うるのん公式ページヘ

うるのん【詳細データ】
サーバータイプ ワンウエイ方式
機種数 3台
色数 3色
最小サイズ 326(W)x353(D)x1032(H)
ボトルタイプ ワンウェイボトル
採水地 静岡県
回収方法 家庭で潰し捨てるタイプ
商品数 3種類
商品 1285円~