ウォーターサーバーの用途というと、飲み水、コーヒーやお茶、料理、ミルクや離乳食が代表的ではないでしょうか。

主に水の種類には天然水とRO水がありますが、これらの水は用途ごとに向き・不向きがありますので、この点に着目した選び方をすると失敗しません。

まず、そのまま飲む水としてどちらがいいかについてですが、これは天然水のほうがいいといわれています。

ミネラル成分なども豊富ですし、中には糖尿病に良い影響が期待できるバナジウム配合のものもあります。

お茶やコーヒーに使用する水ですが、これも天然水のほうが味がいいとのことから、こちらがおすすめです。

天然水には硬水もありますが、軟水のもののほうが日本人好みであるといわれていますので、コーヒーやお茶をおいしく飲むためにウォーターサーバーを選ぶなら、軟水のものを利用するといいでしょう。

料理に使用する場合の水の選び方ですが、これも天然水のほうがおいしく仕上がるといわれています。

天然水の場合、お米の炊き上がりもふっくらするようです。

ミルクや離乳食に使用する場合は、RO水のほうが優れているといわれています。

天然水でも硬度によっては利用可能ですが、RO水は不純物など余計なものが入っていないことから、安全面を重視したウォーターサーバーの選び方をする人から好まれています。

また、リーズナブルな価格なのも選ばれている理由となっています。